戦闘妖精雪風 OFFICIAL SITE
  ABOUT FAF TOP PAGE
 
作品紹介
 
登場人物機体解説
MECHANIC
 
多目的偵察機FFR-31MR「スーパーシルフ」の改良型。元の「スーパーシルフ」は大型戦術戦闘機「シルフィード」を戦術偵察用に改造したものと記されているが、事実上は設計も性能も別個の機体である。強力なエンジンと、情報収集のために高度な電子頭脳を搭載。さらに空力設計を改善し、高速時の抵抗軽減と操縦性の改良が図られている。センサーやデータリンク装備能力は、基本的には通常型FFR‐31MRと同一のものだが、TARPSポッドセンサー・ブレードの形状は、よりコンパクトになった。
全  長 22.0m
全  幅 13.2m
全  高 6.25m(地上姿勢)/9.75m(TARPSシステム・“エレメント”センサーブレード展張時)
自  重 12,188kg
偵察ミッション時典型的離陸重量 25,500kg
最大離陸重量 37,890kg
エンジン FNX−5011−DフィーニクスMkXIDターボファン ×2基
推  力 10,220kg(ミリタリーパワー。いずれも地球大気内)14,780kg(アフターバーナ使用時)
最大速度 マッハ3.2(地球大気内・高度16,000m)
巡航速度 マッハ1.7(地球大気内・高度16,000m)
実用上昇限度 高度24,000m(地球大気内)
兵  装 20mmガトリング機関砲×1門
主翼下ハードポイント ×2ヶ所、エンジンポッド横ハードポイント ×2ヶ所
※長射程AAM‐VII、中射程AAM‐V、短射程AAM‐III、または高速型HAMシリーズを装備
乗  員 2名
偵察システム TARPS=前方・側方斜角カメラ、垂直カメラ、赤外線画像カメラ、赤外線ラインスキャン、コンフォーマル・フェーズドアレイ・マルチバンドESMセンサーブレード、イメージングレーダーなどを任務内容により選択。リアルタイム・ディジタル・データリンク
機体荷重限界 9G+
FFR-31MRに代わる戦術偵察機として開発されたFRX-99レイフ無人偵察機を再び有人化した機体。操作システムやミッション・システムも、FER-99と同じく高度に自動化されており、本来的には自立的飛行とオペレーションが可能となっている。エンジンは極端な飛行姿勢、たとえば機種上げ90度以上でも推力を発揮し、操縦操作に対応できる、新型ベクタード・ノズルつきのFNX-5011-D-20が装備されている。偵察システムはFRX-99と同じく機体に内蔵、もしくはコンフォーマル式に装備されているが、機能や性能は基本的にFFR-31MRスーパーシルフのものと大きな変化はない。
全  長 18.00m
全  幅 14.52m
全  高 6.28m(FRX-00は原型のFRX-99と同様、主翼、尾翼の可動範囲が広く、どの状態を取るかで寸法も大きく変化する。上記の寸法では、全長は水平尾翼が地面と平行の状態、全幅は主翼が地面と平行のい状態、全高は主翼が地面に対して垂直になった状態を示している)
自  重 12,160kg
最大離陸重量 37,495kg
エンジン FNX-5011-D-20フィーニクスMk.XIターボファン ×2基
推  力 10,220kg(地球大気内・ミリタリー推力)14,930kg(アフターバーナ使用時)
最大速度 マッハ3.3(地球大気内・高度17,700m)
巡航速度 マッハ1.75(地球大気内・高度17,700m)
実用上昇限度 高度24,800m(地球大気内)
兵  装 20mmガトリング機関砲×1門、胴体下ハードポイント×3ヶ所、主翼上下ハードポイント ×2ヶ所
※長射程AAM‐VIIまたは中射程AAM‐V、短射程AAM‐IIIを装備。典型的兵装例としては、胴体センターラインのハードポイントに連装ランチャーを介して中射程AAM×2発、胴体左右ハードポイントのランチャーに長射程AAM×各1発、主翼上下左右ハードポイントに連想ランチャーを介してAAM×4発が可能となる)
乗  員 2名
偵察システム 各種可視光・赤外線カメラ、赤外線ラインスキャン、コンフォーマル・マルチバンドESMセンサーなどを任務内容により選択。
機体荷重限界 9G+
“風の妖精”の名を持つ、双発の大型戦術戦闘機。スーパーシルフと区別するために、FAF内では俗にノーマルシルフと呼ばれている。FAFの主力制空戦闘機である。
フェアリイ空軍の主力を担う、単座の格闘タイプの戦闘機。対地戦闘攻撃システムを備え、地上にあるジャムの補給基地を自動的に捕捉して攻撃する。
フェアリィ空軍の新型戦術戦闘機。従来の主力FA-1ファーンIがジャム戦闘機の性能向上により優位を失ったため、その後継としてフェアリィ空軍に配備された。元来、無地実験機構想から設計された機体であり、非常に斬新な設計が採用され、後退翼と前進翼を組み合わせた一種のW型翼を持つ。
 FFR−31MRの後継機にあたる無人戦術偵察機。胴体前部(有人機であるならコクピットがある位置あたり)には、「ブレインパーツ」と称されるセントラル・コンピューターを搭載。さらに高度に自動化された操縦・航法システムとミッション・システムを統合し、自律的な飛行とオペレーションを可能にしている。
ジャムの航空機の中で一般的に遭遇するタイプ。FAF側の戦術戦闘機、制空戦闘機に相当すると考えられる。無尾翼機で、中央下に大きな垂直翼を持つ。エンジン形式等、不明な点が多い。
ジャムの高速戦闘機。地球側がフェアリィ星に侵攻、FA-1ファーンI戦闘機らが互角以上の性能を示していたが、まもなく本機の出現によって、その優位は失われることになる。
TOP PAGE
バンダイビジュアルGONZOVictor Entertainment (c)2002 神林長平・早川書房/バンダイビジュアル・ビクターエンタテインメント・GONZO